interview for 

fullsizeoutput_515.jpeg

ふるさと川島未来協議会 共同代表

​飯島 健一さん

■ 家族構成を教えて下さい。

妻と19歳の長女、18歳の長男、16歳の次女、14歳の次男です。

■ 今回のインタビューで唯一の川島出身ですが、都会へ出たいと思われたことはないのですか?

ないよ!!(キッパリ)高校生の時、家を建て直すことになって、両親から「将来(健一さんが)出て行くなら平屋だし、ここにいるなら二世帯住宅を建てるけど」って言われて、都会は嫌い、住む所じゃないと思っていたから、即答で「ここにいたい、ずっといたい」って。

■大人になってから感じる川島の魅力は何ですか?

水と空気が美味しい!山を見ると安心する!!

川島は皆が家族か友達みたいで、おじーもおばーも関係なく皆でワイワイ話せるんだよね。俺はサービス業だけど、川島の人は会社に俺を指名して電話かけてくるんだよ。

そういうのが嬉しいし、色々やってあげたくなるんだよね。

■今の川島を見てどう思いますか?

高齢化を感じない。

腰の曲がったじーばーにパワーがあって、田畑もやって、凄いスピードでキノコ採る為に山登っちゃうんだぜ。若者の方が弱いんじゃないか、って思う。若者が少ないっていうのは感じるよ。俺は昔からの川島が好きで、今の川島が好きだから、発展も衰退もして欲しくない。

■移住者が増えていることをどう思いますか?

移住者が増えるのは良いことだよ。

だって川島を好きになってくれた人でしょ。

川島が好きな人ばかりって、良いことじゃん。

■平成24年度と28年度に川島小学校のPTA会長をされていますね。

全ては子供のため。

24年度に川島小学校を特認校にする為に動いたんです。

町内の保育園を回って、川島小学校の良さをお話させてもらいました。

特認校に指定されたのは25年度です。

28年度はね、当時のPTA会長が直々に頭を下げてこられて、

「川島小学校を救って下さい。」ってお願いされちゃって...。

頼りにされると、やりたくなっちゃうんだよね(笑)。

辰野町の中に、<辰野町立 小・中学校あり方検討委員会>っていうのも発足して、いろんな立場の人が集められて、

小規模校じゃ団体行動ができない、とか切磋琢磨ができない、とか授業が成り立たないとか言うんだよ。

だから学校を見学してもらったの。

そしたらね、皆が

「凄い所だね。」って。

授業成り立ってるじゃん!

団体行動出来てるじゃん!
って。

笑顔で帰って行かれたんだよね。

■今、飯島さんがやりたいことは何ですか?

川島が盛り上がることをやりたいんだよね。

講演会みたいなことじゃなくて、お祭り。

皆が楽しめて、川島の人が盛り上がって、外からも人が来たくなるお祭りを見つけたいんだよね。

 

 --------

飯島さんのお話を聞いていると、本当に川島が好きで、ここにずっといたい!!っていう思いが強くて、だから頼まれると嬉しくなって頑張れちゃうし、自分の子供の為じゃなくても、川島の子供の為に頑張るパワーを出せるんだろうな、と思いました。